システムエンジニアとしての知識を得た後

システムエンジニアとして働きたいと考え様々な勉強を行っていくわけであるが、大学等で学んでから就職をする人もいる一方で、専門学校でより専門的かつ実践的な勉強を行った人が就職を目指す場合もよくあると言われている。さらには、大学でいったん学んだ人が再度専門学校で学び直すケースもあり、採用への門戸は広がっている。

その後、システムエンジニアとして働きだしてからというもの、人材不足により仕事の負担が大きくなっていると社会問題化してきているとされる。この問題では、一般的に納期等の締め切りの問題があり、しかもクライアントから提示される様々な要求も大きなものがあることから、現場で作業をするシステムエンジニアに対する負担が過大になりがちだ。また、複数人しかも大人数で作業をしないといけないような大規模なケースから、数人あるいは一人で作業をしているケースなどまちまちである。共通して言えることは、仕事に関して相談できる状況や環境にないことも問題と言われている他に、個人が仕事を抱え込んで処理をせざるを得ないことなどもあって、精神疾患を発症するケースや無理をし過ぎて過労死に至る最悪のケースがあることだ。
こうした問題のために、もしシステム開発等の関連する仕事を数ることになった場合には、自らの健康管理や、企業等における健康診断も必ず受診することも大切であるし、納期管理等を企業側も考えていく必要がある。自分の身は自分で守らなくてはならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>